トレンドアフィリエイトのペナルティ対策:文章を引用するときの書き方と著作権の基準


ペナルティ対策文章引用基準

 
Googleアドセンスのペナルティを回避する対策のひとつに

”引用”の書き方を挙げておきます。

 

トレンドアフィリエイトでは

他のサイトの記事を引用することがよくあります。

 

芸能系の週刊誌の記事を引用したり

ヤフーニュースの記事を引用したり

様々です。

 

これらをどこまで引用していいのか

どこまでやったら著作権侵害になるのか

とてもグレーですよね。

 

Googleは著作権を侵害することを明確に禁止していますので

グレーなことは一切やらない

というのがベストですが

「そんなこと言ったってみんなやってるし」

とも思うわけです。

 

実際、著作権を侵害してそうなサイトでも

上位表示されているものは沢山あります。

 

 

そこでこの記事では

文章を引用するときの

著作権侵害を避けるためのポイントを紹介します。

 

どれも非常に大事ですので

チェックしてみてください。

 

 

文章を引用するときに必ず守る基準

引用元の記載

 
文章を引用するときに必須なのが

引用元の記載。

 

卒論を書かれたことがある方は

ピンと来るかと思います。

 

記載するポイントは2つ。

・誰の

・何という文章か

です。

 

 

下の例のように

引用したサイトの大元のURLしか載せていない

トレンドブログをよく見かけます。

『引用:http://headlines.yahoo.co.jp/』

 

・誰の

・何という文章か

という条件に当てはめると

これはNGということになります。

 

法的は

『引用:”引用記事のタイトル” 記事著者名』

とするのがベストでしょう。

 

でも実際は

著者名なんて載っていない場合もあって

書きたくても書けないこともよくあります。

 

 

少なくとも

どの文章を引用したのかを

特定できるようにしておきましょう。

 

 

引用部分を明確に

 
文章を引用するときは

どこからどこまでが引用部分なのか

はっきり分かるようにしておきましょう。

 

引用文章

引用文章

引用文章

(出典:〇〇)

 

という感じです。

引用部分と自分の意見や考えは

しっかり分けておきましょう。

 

ただし

ひとつ注意点。

 

ネットで得た情報は

何でもかんでも引用として記載しておかなければいけないのか、

と言うとそうではありません。

 

ネットに限らず、本やテレビから得た情報は

知識となってあなたのものになりますので

それを自分の情報として発信することは

何ら問題はありません。

 

そもそも

人の知識は周りから得ていますよね。

これにすべて『出典』を付けると大変なことになってしまいます。

 

 

文字や画像をそのまま使う場合や

明らかに特定の誰かが発信している情報は

自分の情報発信とは分けてくださいね。

 

 

全文に対する引用の割合

 
他人の文章を引用することは

条件を守れば法的に問題はありませんが

トレンドブログにおいて

ひとつ重要なポイントがあります。

 

それは

『引用する文章の割合』 

です。

 

記事の中で

引用部分がほとんどを占めている、

というはいけません。

 

ほとんど、と言わなくても

半々でもNGだと思います。

 

何かを引用するときには

必ず

自分の文章が『主』であり

引用部分が『従』である必要があります。

 

これは「文章の量」「文章の質」ともにです。

 

例えば小説のネタバレ記事で

記事のほとんどが小説の引用で

申し訳程度に「とっても感動的ですね!」なんて

感想を付けたとしてもダメでしょうし、

 

引用の割合は抑えていたとしても

残りの文章が全く中身のないものだったら

「この記事は違法に小説を載せるためのものだ」と判断されてしまうかもしれません。

 

 

引用の割合は

多くても2~3割(私の感覚です)、

あくまで自分の情報発信が目的の記事にしましょう。

 

 

以上が

文章を引用するときの

著作権を侵害しないための書き方と注意点です。

 

最後に

私がいつも参考にさせていただいているサイトをご紹介します。

著作権についてとても詳しくのっていて

とっても勉強になりますよ。

著作権法ガイド(無料引用のルール)

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ