記事の投稿後にやること①競合との勝負は狙ったキーワードで上位表示できてる?


トレンドアフィリエイト競合ライバル順位チェック

 

記事の投稿後に必ずチェックしなければ

いけない事のひとつ、

『競合と自分の順位の確認』

について解説します。

 
 

記事を書いて投稿ボタンを押したら

やれやれやっと終わり・・

 

ではありません。

まだやらなければいけないことがあります。

 

記事を書き上げて大変お疲れだと思いますが

これをするのとしないとでは

その後のPVの伸びが大きく違ってきますので

もうひと頑張りです。

 

記事の投稿後にやらなければいけないことは

①競合と自分の順位の確認

②実際の検索キーワードチェック

の2つ。

 

この記事では

ひとつめの『競合と自分の順位』の確認

について解説していきます。

 

 

競合には勝てた?表示順位

 
まずやることは

自分の記事が狙ったキーワードで

上位表示されているかどうかです。

 

これは「言われなくてもやってるよ」

という人が多いかもしれません。

 

あなたの記事が無事インデックスされたら

実際にあなたが狙ったキーワードで検索してみましょう。

 

上位表示されていますか?

それとも

予想と外れて全く見当たりませんか?

 

 

狙ったキーワードで上位表示できている場合

 
もしあなたのブログが

狙ったキーワードで上位表示されているなら

あなたのキーワード選定は素晴らしいです。

 

検索ボリュームが少なくて

大きなアクセスに繋がらなかったとしても

大きな問題ではありません。

 

あなたのキーワード選定は

「狙ったワードで上位表示させることができる」力を

持っているということです。

これはめちゃくちゃ大事です。

 

極端な話、

多少検索ボリュームが少なくても

上位表示できるワードのみを狙って

流行りすたれのない分野で記事を書き続ければ

資産ブログがどんどん出来上がってしまう

ということです。

 

もしあなたがトレンドブログを始めて間もないならば

あなたはものすごくキーワード選定のセンスがあります。

 

普通はそんなに簡単に上位表示できませんので

自信を持ってください。

 

 

狙ったキーワードで上位表示できていない場合

 
では逆に

自分の記事が全然上位に来ていない場合。

2ページ目、3ページ目・・・

いや、6ページ目くらいにしか出てこないんですけど!

という場合。

 

大丈夫です。

初めはみんなそんなものです。

 

というか、

最初から上位表示できる人は

一部のセンスありすぎの人たちであって

普通はどこにあるのか分からないくらいの位置に

埋もれてしまいます。

 

ブログを開設して20記事以内の場合は

それで普通です。

焦ったりする必要はありません。

 

もし50記事も書いていて

この状態であれば

ちょっとこれはどこかに問題がありそうです。

 

・ペナルティが来ていないか確認する

・ネタ選定とキーワード選定のやり方をもう一度読み直す

ということをやってみてください。

 

 

どちらの場合もやってほしいこと

 
上位表示されている場合も

全然出てこない場合も

やってほしいことがあります。

 

あなたの記事が

どのブログより上に来ていて

どのブログより下なのか

チェックしておくことです。

 

それが今のあなたの強さです。

あなたのブログで

そのキーワードを使ったときの強さです。

 

 

トレンドアフィリエイトを続けていると

よく目にするライバルブログ

というのが出てきます。

 

検索結果ページのURLを見ただけで

「あぁ、またこのブログだな」と感じることが

多くなってくると思います。

 

そんなブログたちの中で

自分のブログの強さがどのくらいなのかが

掴めてくると

今後記事を書こうとするときに

競合チェックで検索結果にズラリと出たブログを見て

「このブログには勝てる」

「このブログは強すぎるから無理」

と算段がつくようになります。

 

この算段は

記事の数やこれまでのアクセスによって

どんどん変化していきますし

キーワードの選び方によっては

モンスター級だと思っていたブログを

抜いてしまうこともあります。

 

こういう感覚は

日々自分の記事と競合との表示順位を

見比べていないと分かりませんので

是非あなたのブログの強さをしっかりと確認してください。

 

 

以上が

記事を投稿した後にやることの一つ目、

競合との順位確認でした。

 

次の記事:記事の投稿後にやること②PV増加に直結!実際にアクセスを集めるキーワードチェック

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ