専業主婦というポジション「夫の稼ぎは私のお金?」自分で稼ぐということ


専業主婦旦那の金

 
このブログを読んでくれている方の中に

専業主婦の人はいらっしゃいますか?

 

私が現在専業主婦ですが

まだまだ専業主婦というポジションに慣れていません。

 

そんな私が

夫のお金と専業主婦の立場について

思うことを書いてみたいと思います。

 

主婦としての本音を書くので

男性の方には共感しずらいかもしれません。

 

 

ちなみに

私はネットビジネスの収入がありますので

正確には専業主婦ではありませんが

感覚的には専業主婦、という意味あいで書いています。

 

作業時間が少ないので時間的な自由があること、

家事育児を私がやっていること、

夫の仕事の都合に合わせて生活していることから

生活スタイルは専業主婦の方と似たような感じだと思います。

 

 

夫が稼ぐお金は私のお金?

 
専業主婦のみなさんは

旦那さんが稼いでくるお金をどのように使っていますか?

 

日々の生活に関する費用は

旦那さんのお給料でまかなうと思いますが

それ以外はどうされていますか?

 

・美容院代

・洋服や化粧品代

・友人とのランチ代

・ちょっとした雑費

このあたりは生活費と同じような感じでしょうか。

 

では

・旦那さんへの誕生日プレゼント代

・自分の親への旅行のプレゼント代

・ネイルやまつげエクステ代

こういうものはどうですか?

 

自分がやりくりして捻出したお金だから

何も問題なく使える!

という方もいれば

 

旦那さんが稼いでくれたお金を

自分の親の旅行代にするのは気が引ける、

という方もいると思います。

 

専業主婦歴によっても違うかもしれません。

 

 

私はと言うと

後者です。

 

夫へのプレゼントを夫から受け取ったお金で支払うことに

気持ちの悪さを感じます。

感じながら、やるんですけどね。

 

これって

専業主婦歴が長い人や

男性側からはどう思うのか

聞いてみたいです。

 

ちなみに私の母は

現在定年を過ぎ1人暮らしをしていますが

私たちから仕送りを貰うことを

拒否しています。

 

プレゼントとして現金を貰う分には構わないし

孫の面倒を見たお礼として貰うのもOKだけど

単に生活費として貰い続けるのは嫌なんだそうです。

 

 

親がこれまで私たち子供にしてくれた事を考えると

そこまで拒否しなくても、と思いますが、

とは言え、「何かの対価」としてお金を貰いたい

という気持ちは私もよく分かります。

 

宝くクジだったらいくら貰っても罪悪感はないけど

身近な人から「ただ」貰うのはなんだか抵抗があるのです。

 

ということは

私が夫のお金を気にせず使えないのは

私の主婦業を対価と思えないからなんだと思います。

手を抜きまくってますからね・・。

 

ちなみに私の身近にいる年収1000万円相当の専業主婦。

関連記事:専業主婦は年収にすると1000万円換算?主婦業とネットビジネスのハードルの差を感じる

 

ちなみにこの記事は

専業主婦の是非をどうこう言うものでは全くありません。

 

専業主婦になるかどうかは

夫婦で決めればいいことですし、

世の中には

汗水たらして働かなくても食べていける人は五万といます。

会社に籍を置いて報酬を貰うだけの人、

不動産を所持して不労所得で暮らしている人。

旦那さんのお給料だけでエステにだっていける人。

羨ましい限りですが、批判するのはナンセンスです。

 

 

ネットで稼ぐ専業主婦になって変わったこと

 
私がインターネットビジネスで収入を得るようになって

変わったことは沢山あります。

 

まず、ちょっとした出費は

確実に増えています。

とくに食費。

 
スーパーに行ったときに果物を多めに買うとか、

外食する頻度など。

 

 

でも、

一番大きいのは

気持ちの変化です。

 

久しぶりに自分でお金を稼いでみて

「こんなに清々しかったっけ!」

と思いました。

 

そして

これまでの収入にプラスして

新しい収入の柱があることに対する

安心感。

 

 
また、日々の生活が豊になるだけでなく

将来の夢がグッと広がりました。

 

子供にあんなこともこんなこともしてやりたい、

将来は夫婦でこんなことをやりたい、

親が第二、第三の人生を歩む手助けをしたい、

 

「私のお金で」。

 

ここがミソなんです。

「夫のお金」頼みじゃないんです。

 

 

子供の留学を夫に相談するときに

「〇年生から留学ってどう思う?

それまでに節約してお金ためてさぁ。」
 

ではなくて

 
「〇年生から留学ってどう思う?

お金はもう準備できてるんだよね。」

と言えるんです。

 

 

はたまた

昔から音楽が好きで

いつか自分で弾いてみたいと言っていた楽器を

定年過ぎて1人暮らしをしている母に

贈ってあげることができるんです。
 

既に近所のサークルに入って

新しい友達もでき、

定期演奏会のためにいつも練習しています。

 

 

「将来は早めにリタイヤして

海外でロングステイなんていいよね」

と夫に言うと、

「そんな金どこにあるんだよ」

と一蹴されることもなくなりました。

 

 

この夢の広がり方、

ワクワク感はめちゃめちゃ貴重です。

 

私が今稼いでいる金額は

左うちわで贅沢に暮らせるような額では

全くありませんし、

将来が約束された安定性があるわけでもありません。

 

それでも

ネットで稼ぐお金は青天井です。

 

頑張って600万。

〇歳で800万くらいになれば御の字。

というような計算ではないのです。

 

自由度がとんでもなく大きい

ネットビジネス。

これって思った以上に

ワクワクします。

 

 

私は専業主婦ですし

子供も一番手のかかる時期は過ぎたので

時間に余裕があります。

 

そして

気持ちにも余裕が出来たことで

こういう夢を思い描くことができるようになったのだなぁ

としみじみ思います。

 

 

結局私は

夫の稼いだお金で何かを買うより

自分のお金で自由に夢を描きたいタイプなんだと

そういうことなんだと思います。

 

あなたはいかがですか?

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ