『育児と仕事の両立』は簡単じゃない!在宅で自分の力で稼いでいくという選択肢


育児仕事両立在宅

 
『育児と仕事の両立』

という言葉。

よく聞きますよね。

 

子育てしながら仕事を続けていくことが

大変大変だとはよく言われていますが

本当に大変です。

 

私の夫は

子供がまだ0歳のころ

しみじみと言っていました。

「女の人って大変だな・・・。

子供産むってこういう事なんだな。」

と。

 
 

出産を控えている人、

いつか子供を産みたいと思っている人、

今まさに子育て真っ最中な人。

そんな女性に向けて

今回の記事を書こうと思います。

 

 

子育てと仕事の両立は簡単じゃない

 
小さい子供を育てながら

仕事も今まで通りに続けるというのは

本当に大変です。

 

お子さんの年齢が高ければ

ご飯の準備をしたり

お風呂に入ったり

なんてことを自分でやれるでしょうけれど

乳幼児の場合は

それこそ何から何までやってあげなければいけません。

 

5時半に保育園に迎えに行って

帰りにスーパーで買い物して

家に着いたらすぐご飯の準備。

 
7時からやっと食事だけど

子供はダラダラダラダラ全然食べないし

遊んでるしこぼしまくってるし

なんか喧嘩始まったし。

なだめてすかして食べさせて

お風呂に入れて

なんとか9時に布団へ。

 
やっと寝てくれて

リビングに戻ったら

部屋ぐっちゃぐちゃ。

食事の片付けも残ってるし

旦那も帰ってくるしね。

 
あぁもう10時過ぎてる。

家事いっぱい残ってるけど

今日私仕事持ち帰ってきたんだった。

資料全然作ってないんだよなー。

明日も早いけど、やらないと寝れないわ。

ごめん、ちょっと洗い物やっといてもらえる?

 

 

とかなんとか。

めっちゃ大変です。

 

いや、こんな風にできればまだいいですが、

職場との距離、子供の健康状態、自分の仕事の負荷から

時間的、物理的に無理という場合も

ありますよね。

 

その場合は

働き方を時短にしたり

ポジションを変えてもらったりして

なんとかやっていくことになるのでしょう。

お給料も下がってしまうかもしれません。

でも仕方ないです。

 

 

で、思うのは

こういう負担は

多くの家で

女性側にかかってくるパターンが多いですよね。

 

子供を産む性であるということは

そういうことなのかもしれません。

 

 

そういうことなのかもしれないけれど・・・

でも・・

 

なんでこんなに全てが変わってしまうんだー!

女だけ!

 

 

じゃあいっそ

仕事辞めてしまったらどうなる?

 

子育てが落ち着いたら

再就職するという手もあります。

 

が・・・

そう甘くないのが現実だったりするのです。

 

 

出産・育児で退職したキャリアウーマン、3年で仕事はなくなる

 
ある有名外資系企業で

若干30歳にして管理職として働く女性がいました。

 

いわゆるバリバリのキャリアウーマンで

完全実力主義の米国企業でマネジャーとして働く彼女は

同年代の平均年収をはるかに上回る収入を得ていました。

 

が、

彼女は出産を機に仕事を辞めます。

 

約1年半子育てに専念した後、

仕事に復帰したいと考えた彼女は

高い能力とキャリアを持つ人材の紹介業者にコンタクトを取り

再就職先を探し始めました。

 

非常に優秀な彼女。

前職での実績を考えると

それなりの待遇で再就職先に就くだろうと誰もが思いましたし

多分彼女本人も思っていたのではないでしょうか。

 

でも現実は

そうではありませんでした。

 

雇う側からの条件は

・正社員雇用は試用期間の後

・年齢相応の平均的な給与

というもの。

 

初めての就職ならこれでいいです。

専門外の職種なら

こうなるでしょう。

 

でも彼女は専門分野で高い能力を持ち

実績も十分なキャリアのある女性です。

 

それが

たった1年半子育てで社会から離れただけで

こうなってしまうんですね。

 

 

私がこの話を聞いたのは

その人材紹介会社の人物からです。

 

その人は

「企業側の条件に愕然とした」

と言っていました。

「たった1年半、出産と子育てのためのブランクなのに」と。

 

 

私自身が

再就職の相談をしていた時に聞いた話ですが

私にも

「ブランクはできるだけ短くしてください。

絶対に3年を超えることはないように。」

ということでした。

 

30代半ば女性、

小さい子供がいて、

仕事は3年以上のブランクがあるという状態は

企業側から見た評価は

限りなく低いものになるようです。

 

 
そんな話を聞いた私は

これまで知らなかった社会の厳しさを垣間見た気がして

そして自分の社会的な評価が

今このときも刻一刻と下がっているんだということに

結構なショックを受けたものです。

 

 

なので

たとえ小さい子供の育児が理由であろうと

仕事を辞めてしまうというのは

大きな損失になりかねない、

ということを覚悟しておかないといけません。

 

 

会社を辞めるということはそういうことだと

知っていたはずなのに

私自身、全然分かっていなかったんでしょうね。

 

 

おそらくこの時から

私は

今後会社に雇われて働くことはやめようと

考え出したのだと思います。

 

 

自分でお金を生み出していく道もある

 
今となっては

私はもう雇用されて働くことは

ないと思っています。

 

ここまでブランクがある以上、

前職のような待遇で働くことは難しいでしょうし

それであれば

自分がやりたいようにやって

それで稼げていく方がいいと思っているからです。

 

 

私がなぜこの記事を書いたかというと

女性の皆さんに

こういう選択肢があることを伝えたいと思ったからです。

 

女性は

出産を機に本当に生活や人生が変わります。

 

今まで自分が一生懸命築き上げてきたものを

自ら手離す選択をしなけらばならないこともあります。

 

時間の使い方が180度変わって

自分の人生なのに、

自分が主役ではなくなったと感じるかもしれません。

 

でも、「母親だから」という理由で

これでいいんだと思えたりするから不思議なんですが。

 

 

そんな中でも

自分で模索して

自分で努力して

自分で稼ぐ、

誰にも雇われずに

家族と過ごす時間を大切にできる、

そんな働き方の選択肢が

実は身近にある、ということを

この記事でお伝えしたかったのです。

 

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ