ブログにネット画像・動画を使いたい!著作権侵害ペナルティ回避のためにチェックしてほしい2つの注意点


ネット画像動画著作権ペナルティ

 
ブログの記事にネットで拾った画像・動画を使いたいとき

記事を公開する前に必ずチェックしてほしいことがあります。

 

ペナルティの温床とも言われる画像使用。

注意点を確認してから使用するようにしてくださいね。

 

 

まず前提として私は

トレンドブログには芸能人画像を使わない

という方針があります。

 

その理由はこの記事に詳しく書いていますが

(関連記事:トレンドブログに芸能人画像は必要?ペナルティを呼ぶ写真を使うことに対するakoの考え方

私が運営する複数のトレンドブログは

ほぼ全て、画像を使用していません。

 

画像を使わなくてもアクセスは十分に集まりますので

必要性をあまり感じません。

 

ただそうは言っても

どうしても画像が必要な場合があります。

 

それは

画像を見せることが目的の記事。

 

『【画像あり】芸能人Aの5億円の自宅が凄過ぎる!』

みたいなやつです。

 

画像を目的として読者が集まるので

画像を載せないわけにはいきません。

 

こんな場合に

是非とも注意してほしい点があります。

 

下の記事を読んで

該当しないかチェックしてみてくださいね。

 

 

特に著作権侵害に厳しい画像

 
多くの芸能人の画像は

ブログに貼ったからといって

すぐにペナルティが来るようなことはない

というのが現状です。

 

が、

この類の画像だけは避けた方がいい

というものがあります。

 

アダルト系はNG

などというのは当然なので今回は省きます。

 

 

著作権侵害にとても厳しいと言われているものを

挙げていきます。

 

ミッキーマウスなどディズニー系

 
ディズニーは

著作権侵害に非常に(非情に?)厳しいことで有名です。

 

実際にあった過去の例として

1987年、小学生の男子児童106名が作った卒業制作のミッキーの絵を

ディズニー側が「著作権侵害で訴える」と消させたという

事実があります。

 

このときに描かれたのは小学校のプールの底。

ミッキーとミニーの絵でした。

何ヶ月もかかって作成した作品を塗りつぶさせた

ディズニー側が発表したコメントが

「ミッキーマウスとミニーマウスは我が社の代表的キャラクター。

無断使用は一切認められない。事前に許可を得てからやるべきだった。

子供たちには気の毒だが、他人の権利を知る教訓になったと思う」

 

またウォルトディズニーは

著作権保護の期間が終わるミッキーマウスに対し

『ミッキーマウス保護法』という

平面動物を保護する法律を米国議会に働きかけ

2003年に成立しています。

(ミッキーだけでなく

黄色いクマ、アヒル、半魚人等もその対象)

 

 

という風に

とにかくディズニーは都市伝説と呼ばれるほど

著作権侵害に厳しいです。

触らぬ神に・・・

です。

 

テレビ番組の録画

 
テレビ番組を録画したものは

Youtubeなどで多く出回っていますね。

 

自分が見逃したものを

ネットで検索して楽しんでいる方も

多いでしょう。

 

でも

テレビ番組の録画関連は

基本的に違法です。

 

Youtubeにアップされているものも

ある程度時間が経つと削除されているものを

よく見かけます。

 

多くの動画が見逃されていることも事実ですが

この類の動画にリンクを貼ったり

ダウンロードしたりすることも

本当は違法です。

 

普通の芸能人画像が

いつまでたっても削除通告がこないことに比べると

こちらは著作権侵害に対する厳しさは

圧倒的に大きいと言えます。

 

 

どうしてもネット画像を使いたい場合

 
では

どうしてもこのような画像を使いたい場合は

どうすればいいでしょうか。

 

いくつか対策を挙げます。

 

amazonなどのリンクを活用する

 
芸能人の画像であれば

Amazonや楽天などのアフィリエイトリンクを

使用することをお勧めします。

 

タイトルや値段を表示させずに貼り付ければ

パッと見は単なる画像ですし

DVDや写真集などの場合は

意図的に購入できることを示唆しても良いと思います。

 

 

女優さんの記事であればこんな感じ。

 

ディズニー関連も

アフィリリンクにすれば画像を貼ることができますね。

 

アクセスが収束したら画像・動画は消す

 
アフィリエイトリンクは便利ですが

商品がないものもありますよね。

 

上で挙げたテレビ番組の動画なんかがそうです。

 

こういうものは

話題になっているときには

一時的にものすごいアクセスが集まったりします。

 

「使わない手はない!」

と判断したときは

アクセスが収束したら削除するようにしてください。

 

時間の問題で動画そのものが削除される可能性が大きいですし

リンク切れのものをいつまでも記事に貼っているのも

マイナスですよね。

 

役目をしっかり果たしてくれたら

その画像や動画ごと消してしまってください。

 

 

以上、

ブログの記事にネット画像や動画を載せたい場合に

必ずチェックしてほしい注意点でした。

ご参考になれば^^

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ