サーチコンソールは登録しない方がいい!?グーグルからの芋づる式ペナルティとは


サーチコンソール登録ペナルティ

 
さて今回の記事は

”芋づる式”手動ペナルティについて。

 

 

サーチコンソールは

非常に便利なツール、

というか必須といっていいくらい重要ツールですが

巷には

サーチコンソールには登録しない方がいい

という噂がまことしやかに(?)

流れています。

 

なんでも

サーチコンソールに登録することで

運営するサイトやブログの所在をGoogle様にわざわざ知らせることになって

ペナルティが来やすい

というのがその理由。

 

これって

本当なんでしょうか。

 

本当だったら

サーチコンソールには登録しない方がいいの?

 

という疑問が出てきますよね。

 

ということで

今回の記事は

『サーチコンソールに登録することによって

Googleからペナルティが来やすくなる』

というのは本当かどうか、

そして、本当であればどうしたらいいのか

ということについて書いていきます。

 

 

サーチコンソール登録はペナルティを呼ぶのか?

 
検索エンジンへの即時インデックスのためには

サーチコンソールへの登録は必須なわけですが

そのためにペナルティが来ることになったら

たまったものじゃありません。

 

確かに

サーチコンソールはGoogleが運営しているわけですから

それに登録するということは

『トレンドブログがここにありますヨ~!』

と教えてあげてることになります。

 

では

それで本当にペナルティが来るんでしょうか。

 

 

私がこれまで所持してきたブログは

無料ブログもあれば有料もあり

ジャンルもトレンド、物販、ただの日記、など色々です。

 

 

そんな中での経験から判断しますと、

 
サーチコンソールに登録しただけでは

ペナルティは来ない

 

だけど一旦ペナルティを貰うと

芋づる式に登録していた他ブログにも

ペナルティが来る

 

ということが言えます。

 

 

おそらくは

サーチコンソールに登録した時点では

あまりに数が膨大で

Google側もいちいちチェックなんてしてられない。

 

だけどアクセスが集まりだして、どんどん上位表示されてくると

Googleからの目視チェックが入ります。

 

ここで『質が低い』と判断されたらペナルティをくらう訳ですが

 

「そんな質の低いブログを書く人が運営している他のブログも

質が低いんじゃないの!?」
 

ということで

一緒に登録しているブログにもメスが入る、

ということなんでしょう。

 

 

私の場合、

ペナルティが来た数週間以内に

別の2つのブログにもペナルティの連絡が来ました。

 

どちらも無収益の放置ブログでしたので痛手はなく、

「このブログが今さら?」

という感じでしたが

Google社員たちのお仕事が垣間見えた瞬間でした。

 

 

芋づるペナルティを免れたブログ

 
このように

一回のペナルティから芋づる式に被害を受けるわけですが

登録していたすべてのブログにペナルティが来るわけではありません。

 

無傷だったブログも複数あります。

 

例えばこのブログ。

あなたが読んでいるこのブログは

無事だったブログのひとつです。

 

Google側はきっとこのブログもチェックしたと思いますが

『これはペナルティではない』

と判断してくれたのでしょう。

 

 

トレンドブログはサーチコンソールのアカウントを分ける

 
と、ここまで来たところで

結局サーチコンソールは登録していのか悪いのか

という点について。

 

 

私の結論は

トレンドブログを複数所持するのであれば

それらはサーチコンソールのアカウントを分けた方が良い

ということです。

 

通常、どんなブログであっても

開設して間もないブログにペナルティが来ることは

考えにくいです。

 

ですから

この期間を利用して

とにかくアクセスを集めて最短でブログパワーを上げる、

というのが私の戦略です。

 

ブログが強くなったら

ペナルティが来る前に方向修正すればいいのです。

 

 

でも、

もしこのタイミングで

運悪く別のブログにペナルティが来てしまったら

開設したばかりのトレンドブログにも被害が及ぶ可能性があります。

 

赤ちゃんブログへの飛び火は絶対に避けたいです。

 

ですので

赤ちゃんブログを確実に育てるためには

サーチコンソールのアカウントひとつに、トレンドブログはひとつだけ。

 

これが私のやり方です。

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ