独自ドメイン設定済みのSeesaaブログ→エックスサーバー&ワードプレスへ引っ越しのやり方忘備録


独自ドメインでSeesaaブログを運営していて、

その後自分でサーバーを契約してワードプレスでやっていきたい場合の引っ越し方法の忘備録です。

 

前提として、

・既にSeesaaブログを独自ドメインで運営している

・独自ドメインはお名前ドットコムで取得したもの

・引っ越し先はエックスサーバーでワードプレス

・記事のURLをそのまま引き継ぎたい

という場合に、あくまで私がやった作業禄です。

※動作を保証するようなものではありません。

 

****おおまかな手順の流れ*****

①エックスサーバー側(ワードプレス側)

-エックスサーバーを契約する
-ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする
-ワードプレス動作確認のための設定をする
-パーマリンク設定をする

②Seesaaブログ側

-データをエクスポート
-エクスポートのログファイルを適宜いじる

③ワードプレスにSeesaaデータをインポートする

④ネームサーバーを切り替える

 

①エックスサーバー側(ワードプレス側)

まずは移転先のエックスサーバー側の準備から始めます。

エックスサーバーを契約する

移転先のエックスサーバーを契約します。

私がやったときは、既に契約済みのX10で試しましたが、

まだエックスサーバーを持っていない場合は、新しく契約します。

 

プレゼントドメインキャンペーンが実施されているときは、

せっかくなのでドメインはもらっておいて、別の機会に使いましょう。

(今回使用するのは、このドメインではなく、既にSeesaaで使用している独自ドメインです。)

 

プレゼントドメインを利用するエックスサーバー契約のやり方は
エックスサーバーと無料プレゼントドメインの契約方法を画像で説明

※今回の作業に関しては、「2.1 プレゼントの無料ドメインを取得する」は必要ありません。
これは飛ばして、「2.2 取得したドメインをサーバーと紐づける」をやります。ここでエックスサーバに登録するドメインは、Seesaaで使っている独自ドメインです。

※プレゼントドメインは取得できる有効期間がありますので、別の機会に忘れず取得してくださいね。

 

ワードプレスをエックスサーバーに自動インストールする

 
エックスサーバーにドメインを登録したら、次にワードプレスをインストールします。

自動でインストールできますので、一瞬です。

やり方はこちら。
【超簡単】ワードプレスをエックスサーバーに自動インストール方法

 

ワードプレス動作確認のための設定をする

 
ワードプレスインストール04mod

自動インストールが完了して、上の画像のURLをクリックしても

DNS設定がSeesaaブログのままになっていますので、まだワードプレスにアクセスできません。

 

ここで、「じゃあエックスサーバーに切り替えようか」と思うかもれませんが、

DNSの切り替えは一番最後です。まだやりません。

 

ではどうするかというと、

ワードプレスの動作確認用にちょっとした作業をします。

エックスサーバー公式HPのマニュアルの一番下に記載されている

『ネームサーバー切り替え前に動作を確認したい場合』という部分をやります。

 

「C:\WINDOWS\system32\drivers\etc」フォルダに入っている

「hosts」というファイルをメモ帳などのテキストエディタで開き、

一番下に「エックスサーバーのIPアドレス 独自ドメイン」を記載し(#は不要)、保存。

(書き込み不可で保存できない場合は、hostsファイルを右クリック→プロパティを開き、セキュリティタブの詳細をクリックして、Usersを選んで書き込み許可にチェックを入れる。)

 

※最後にDNSをエックスサーバーに切り替える前に、hostsファイルへの編集は元の状態に戻しましょう。

 

これで保存すれば、

ウェブブラウザのURLに下のようにアドレスを入力すると、

ワードプレスの編集画面に入ることができます。

独自ドメイン/wp-admin/

ワードプレスを自動インストールした時に設定したIDとパスワードでログインしてください。

 

パーマリンク設定をする

 
ワードプレスにログインしたら、

テンプレートやプラグイン(拡張機能)など初期設定を色々やることができます。

初めてワードプレスを触るという方は、まずはここでいろいろいじってみるといいと思います。

 

ブログの引っ越しに関して、ここで絶対にやっておかないといけないのは一つだけです。

パーマリンクの設定です。

 

パーマリンク設定とは、簡単に言うと記事のURLをどのような形式にするかというもので、

初期設定のままだとSeesaaからデータを移してきたときに、

SeesaaのURLが引き継がれず全く違うものになってしまいます。

ですので、この設定だけは最初にやっておく必要があります。

 

左側にあるダッシュボードの『設定』➡『パーマリンク』を開きます。

プロフィール02

 
『カスタム構造』を選び、

空欄に

/article/%postname%.html」と入力して、保存します。

 

ここまでやったら、まずはワードプレス側の最初の準備は完了です。

 

 

②Seesaaブログ側

続いて、Seesaa側の設定に入ります。

 

データをエクスポート

 
Seesaaブログには、記事を移動させたいときのために「エクスポート」という機能があります。

hikkosi00

 

文字コードは「UTF-8」、

取得範囲を引っ越しさせたい記事の投稿期間に設定し、

コメントやタグなどのデータも一緒に引っ越しさせたい場合はチェックを入れます。

hikkosi01

そして『エクスポート』。

 

エクスポートのログファイルを適宜いじる

 
エクスポートボタンを押すと、「〇〇〇.log」というファイルが生成されます。

これをワードプレス側から読み込むと、記事の引っ越しができるわけです。

 

ここでひとつやっておきたい作業があります。

 

この「〇〇〇.log」ファイルは、メモ帳などのテキストエディタで開けますので、

開いてみてください。

見てみると分かりますが、

自分が書いた記事や、投稿した日付情報や、URL情報などが記載されています。

 

ここで、URL情報を少しいじります。

 

というのも、

Seesaaブログの記事のURLは「〇〇〇.html」という末尾で終わるのですが、

このままワードプレスに移してしまうと(上で設定したパーマリンクで)、

「〇〇〇-html.html」という形になってしまいました。

 

「-html」という部分が邪魔。

 

ですので、あらかじめlogファイルのURL部分を編集しておくことにしました。

 

logファイルを開いたら、「BASENAME」という文字を検索します。(Cntl + Fで検索)

この右横にある「数字html」部分が、Seesaa記事のURLに当たります。

青下線のhtmlという文字が入ったまま引っ越しさせてしまうと、

ワードプレス側で「〇〇〇-html.html」というURLになってしまうので、

青下線の.htmlを削除します。

hikkosi02

記事数が多いと大変なのですが、コツコツやりました。
(後ろの「STATUS」と一緒に置換してしまえば一気にやれると思います。)

終わったら保存しておきます。

 

※logファイルの編集については、こちらの方の記事もとても参考になりますので、
抜け防止のためにも是非チェックを。
http://145.rei-yumesaki.net/article/430435217.html

 

ワードプレスにSeesaaデータをインポートする

 
ここまでできたら、

実際にワードプレスに記事をお引っ越しさせます。

 

ワードプレスのダッシュボードから

『ツール』→『インポート』をクリックし、『Movable Type and TypePad』を開きます。

 

『Movable Type and TypePad』というのは、データを移行させるためのプラグイン(拡張機能)です。

初めて使う場合は、イントールボタンを押して、インストール&有効化しましょう。

 

『ファイルを選択』で先ほど編集したlogファイルを選択し、

『ファイルをアップロードしてインポート』します。

hikkosi03

 

投稿者の割り当ては、

ユーザーが自分ひとりなのであれば何でもいいです。

『実行』をクリックします。

 

これで、記事の移行ができました。

URLがきちんと継承されているか、記事がちゃんと引っ越しできているかなど、

確認します。

 

なにか不具合がある場合は、ワードプレス側で記事を全て削除し、ゴミ箱も空にし、

再度logファイルをインポートさせれば何度でも同じことを試せます。

 

 

ネームサーバーを切り替える

 
最後の作業、ネームサーバーの切り替えです。

ワードプレス側で全てうまくいっていることを確認してから、

最後の最後に切り替えます。

※hostsファイルの編集は元に戻してからやります。

 

まずは、Seesaa側の独自ドメイン設定を解除。

 

次にお名前ドットコム側で、ネームサーバーを変更。

お名前ドットコムにログインします。

お名前ドットコムにログインする

 

左のドメイン設定の中の

『ネームサーバーの設定』➡『ネームサーバーの変更』をクリックします。

(このとき「このページを離れる」かどうかのポップアップが出ることがありますが

『このページを離れる』を押して問題ありません。)

他社ドメインをXserverで使う04

 

エックスサーバーで使用したいドメインにチェックを入れます。

他社ドメインをXserverで使う05

 

「ご登録情報に変更・相違はありませんか?」という確認画面が表示されている場合は

『登録情報は正しいので、手続きを進める』を押してください。

他社ドメインをXserverで使う05-1

 

右のタブ『他のネームサーバーを利用』をクリックして

ネームサーバー情報を入力、『確認画面へ進む』をクリックします。

他社ドメインをXserverで使う05-2

エックスサーバーのネームサーバーは

ns1.xserver.jp
ns2.xserver.jp
ns3.xserver.jp
ns4.xserver.jp
ns5.xserver.jp

です。

 

確認画面でアドレスに間違いがなければ

『設定する』を押します。

他社ドメインをXserverで使う06

 

これでお名前ドットコム側のネームサーバー設定は完了です。

 

反映されるまで1時間ほどかかりますので、気長に待ちます。

 

反映が完了すると、

引っ越しが完了です。

これで、URLを変更することなく、独自ドメインSeesaaブログをワードプレスへ移行できました。

 

 

※本記事はあくまで防備のため、またサポートさせていただいている方へのコミュニケーションツールとして書いています。
動作や作業に誤りがあるかもしれませんので、参考にされる場合はその旨ご了承願います。

 


One Response to “独自ドメイン設定済みのSeesaaブログ→エックスサーバー&ワードプレスへ引っ越しのやり方忘備録”

  1. 私も独自ドメインでSeesaaブログを利用しているので、すごく勉強になりました。
    ワードプレスに引っ越し出来ることも知らなかったので、今後引っ越しする際には活用したいと思います。

コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ