【Gmailのアカウント作成方法】本名や個人情報ほぼ不要!名前変更の設定方法も


本名不要Gmail登録

 
ネットビジネスをやっていると

フリーメールのアカウントがいくつも必要になってきます。

 

例えばSeesaaブログを複数開設したいとき。

1つのメールアドレスで作成できるブログは5つまでで

6つ以上作成するなら

もうひとつメールアドレスが必要になります。

 

また

メールマガジンを購読するときに

気軽なお試し感覚で登録するなら

普段使うアドレスとは別の捨てアドレスを使用する方が良いです。

膨大な量になって、どれが大切なメールか分からなくなってしまいますので。

 
 

と、このように色んな場面で必要になってくるメールアドレス。

今は無料で気軽にアカウントを取得できますから

便利な世の中です。

 

中でもGmailは本名の登録は不要ですし

住所などの重要な個人情報を入力する必要もありませんので

気軽に取得できるフリーメールアカウントのひとつです。

 

ということで、この記事では

最もよく使われていると思われるフリーメールである

Googleが提供するGmailのアカウント作成方法をご紹介します。

 

 

Gmailアカウントの作成方法

 
まずはGmailのトップページへアクセスします。

Gmailのトップっぺージへ

 

右上の『アカウントを作成』をクリックします。

Gmailアカウント作成方法00

 

自分の情報を入力していきます。

Gmailアカウント作成方法01

 
名前:本名である必要はありません。後から変更可能。

 
ユーザー名を選択:メールアドレスです。既に存在するアドレスの場合は他にも色々試してみてください。

 
パスワードを作成:Gmailへログイン時のパスワード

 
生年月日:正確な生年月日でなくでも登録できます

 
性別:正確な性別でなくても登録できます

 
携帯電話:入力は必須ではありません

 

 

Gmailアカウント作成方法02

 

現在のメールアドレス:入力は必須ではありません

 
デフォルトのホームページ:不要であればチェックを外してください

 
ロボットによる登録でないことを証明:チェックはせずに画像の数字を入力する

 
国/地域:デフォルトで日本が選択済み

 
利用規約とプライバシーポリシーにチェックをいれる

 

『次のステップ』をクリックします。

 

 

Gmailアカウント作成方法03

これでGmailのアカウント作成は完了です。

Gmailが使えるようになりましたので

早速『Gmailに移動』を押して使ってみましょう。

 
 

Gmailの名前変更方法

 
Gmailアカウント作成方法04

Gmailに移動すると上のようなGmailの用途説明が出てきますが

特に「ぜひ読みたい!」というわけではなければ

右上×印を押して消してしまいましょう。

 

こちらがGmailのログイン後のトップ画面です。

Gmailアカウント作成方法05

ここから名前の変更をしたり

メールの送受信をしたりしていきます。

 
 

Gmaiは初期設定では

最初に登録したアカウントの名前が

メールを送信した相手先に表示されますので

(今回の場合は「テスト田テスト子」)

その名前を出したくない場合や

「マーくんラブ」とかちょっとこっ恥ずかしい名前を付けている方は

変更可能です。

 

右上の歯車のアイコンをクリックし

『設定』を選んでください。

Gmailアカウント作成方法07

 

『アカウントとインポート』をクリックし

Gmailアカウント作成方法08

 

『情報を編集』をクリックします。

Gmailアカウント作成方法09

 

空欄に新しい名前を入力し

チェックを付けるのも忘れずに。

『変更を保存』して完了です。

Gmailアカウント作成方法10

 

この名前の部分が

本名のアドレスと

本名ではない(適当な文字列など)アドレスの

2パターンを普段使い用に持っておくと何かと便利です。

 

仲の良い友達や知り合い、ビジネスの相手が送信先の場合は

本名の方が良い場合もありますし

逆に個人情報を出したくない相手の場合は

適当な名前を付けたアドレスを使う、といった具合です。

 

(Gmailは使いやすいので

慣れてくると気軽にどんどんアカウントを作ってしまうので

アドレスとパスワードをエクセルや専用のソフトでまとめておくことを

おすすめします。)

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ