【おすすめプラグイン】記事内どこでも超簡単アドセンス設置AdsenseManager設定方法【ワードプレス】


AdsenseManagerアドセンス広告記事内ショートコードプラグイン

AdsenseManagerとは?

 
AdsenseManagerとは

ワードプレスの記事内に

アドセンスの広告をショートコードを記載することによって表示させるための

プラグインです。

 

トレンドブログでは

何十、何百と書いていく記事の中で

長い広告コードをいちいちコピペしていたのでは非効率的ですので

こういったプラグインなどを利用して

短いコードで記事内のどこにでも表示させることができます。

 

 

AdsenseManagerの使い方

 
では早速使っていきたいと思います。

まずはインストールの方法です。
 

インストールの方法

 

ダッシュボードの『プラグイン』?『新規追加』をクリックします。

BrockenLinkChecker00

 

空欄に『Adsense Manager』と入力しEnterを押します。

adsensemanager00

 

検索結果にAdsense Managerが表示されますので

『今すぐインストール』をクリック。

adsensemanager01

 

『プラグインを有効化』します。

adsensemanager02

 

 

これでインストールと有効化は完了です。

続いて設定方法へ進みます。

 

 

設定の方法

 

基本設定

 
ダッシュボードの『投稿』➡『Ad units』を開きます。

adsensemanager03

 

空欄にご自身のアドセンスの広告コードをペーストし

『Import』をクリックします。

adsensemanager04

 

『Ad unit』の『Name』”co-1”が

今後記事内で使用するショートコードになります。

この名前は自由に変えて構いません。

adsensemanager05

 

『Display Options』の5つの項目を

全て『Yes』にして『Save Changes』をクリックします。

 

これで基本的な設定は完了です。

 

ここまでできたら

一度アドセンスの広告を表示させてみましょう。

 

記事内に

[ad#co-1]

と書くことで

アドセンス広告が表示されます。

(上記は[ ]を全角英数で書いてますので、実際は半角英数にしてください。)

 

どうでしょうか。

広告は表示されますか?

 

 

ここまでOkでしたら

次は「スポンサーリンク」という文字を

一緒に載せる設定をしましょう。

アドセンスの規約ですので。

 

 

「スポンサーリンク」を一緒に表示させよう

 
アドセンス広告と一緒に

「スポンサーリンク」という文字を表示させる方法です。

こういう感じです。

adsensemanager08

 

他にも

「スポンサードリンク」だったり、

「これは広告です」だったりしますね。

 

アドセンス広告は

それが広告である旨の表記をしっかりとしていることが

規約に明記されていますので

忘れず設定するようにしましょう。

 

では、やり方です。

 

adsensemanager06

『Manage Ad Units』のco-1の『Edit』を開きます。

 

『Code』欄のアドセンスコードに

下の赤線部分を付け加えてください。

adsensemanager07

一番最初に

<DIV align="center"> スポンサーリンク<br>

一番最後に

</div>

です。

 

最後に『Save Changes』を押して

設定を保存してください。

 

これで

「スポンサーリンク」と

広告の中央表示ができるようになったはずです。

 

いかがですか?

表示はOKでしょうか。

 

以上がアドセンス広告を記事内に記載するための

おすすめプラグインの紹介でした。

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ