滞在時間を伸ばすネタ記事はここから探す!参考サイト一覧・書き方・配置方法


ネタ記事トレンドアフィリエイト書き方

滞在時間を伸ばすネタ記事とは

 
トレンドブログのアクセス数や滞在時間を伸ばすために

用いられる効果的な方法のひとつに

”ネタ記事”があります。

 

なんらかの方法でトレンドブログにアクセスしてくれた人が

目的の記事を読んだ後に

チラっと視線を動かした先にある

なんだか面白そうなタイトル。

 

なになに?

『こんなの見たことない!あり得ない特技をもつ日本人美女が海外で話題沸騰【画像あり】』・・?

どんなやねん。

クリック。

 

 

タイトルは適当に付けましたが

こんな感じで別の記事に興味を持ってもらい

クリックしてもらうことで

PV数と滞在時間を上げることが

ネタ記事の目的です。

 

ネタ記事が脚光を浴びたり

すごい数のアクセスを稼いだりすることはありませんが

ブログ全体のアクセス数が増えてくると

常に誰かがネタ記事を読んでいるような状態になります。

 

これは本当にバカにできなくて

長い目で見ると

数千のアクセスを稼いでくることになりますし

トレンド記事のように時期を選びませんので

費用対効果は抜群です。

 

 

トレンドブログの体裁がそれなりに整ったら

ネタ記事を書いてみましょう。

記事をアップするのに慣れていない場合の練習として書いてみるのも

おすすめですよ。

 

 

ネタ記事の作り方

 
では今からネタ記事を作っていきましょう。

 

ネタ記事を作るために考えないといけないのは

・ネタの選び方(どういうネタにする?どこから探す?)

・ネタの書き方(見つけたネタをどう書く?)

の2点。

 

では順番にみていきます。

 

 

ネタの選び方

 
まずはどうやってそのネタ自体を探すのか、

という点。

 

 

ネタ記事というのは

基本、何でもいいんです。

 

クリックしたくなるようなタイトルで

さらに中身も面白ければ

関連するネタ記事もまたクリックしてもらえます。

 

 

一番良いのは

当然ながらオリジナルネタ。

 

例えば

『【閲覧注意】5年ぶりにカーペットを洗ってみたら鳥肌たった【画像】』

と題して

自分ちのカーペットを洗濯した時の汚れた水をアップしてみるとか。

(汚くてすみません。。)

 

『ウチのお猫様に鍋猫をやらせたらとんでもないことになった件』

と題して

飼い猫をに猫鍋をやらせてみるとか。

 

 

身の回りに面白そうなネタがあれば

是非それを記事にしてみてください。

 

 

このように

オリジナルネタがあることが最高ですが

そうでないこともありますよね。

むしろ

「面白いネタなんてないんだけど!」

という方が多いかもしれません。

 

そんな時は

ネット上から探します。

 
面白ネタ、画像ネタ、感動ネタ、動物ネタ、赤ちゃんネタ、胸糞ネタ、

いくらでもあります。

 

 

下にネタ探しのためのサイト一覧を挙げますので

ここから探してみてください。

 

 

ポイントは

 

『あなたがタイトルを読んで、ついクリックしてしまったネタ』。

 

これを複数リストアップしてください。

 

 

ネタ記事を探すサイト一覧

◆2ch

2chまとめのまとめ

VIPPER速報

 
◆バイラルメディア

CuRAZY

「刺さる」動画メディア

ポケッチ

 
◆まとめサイト

NAVERまとめ

まとめサイト速報+

 

 

ネット上には

面白いネタがあふれています。

上のサイトを見るだけでも

ついつい読んでしまった記事がいくつもあるんじゃないでしょうか。

 

それです。その記事タイトルです。

 

そういうタイトルのネタを探していきましょう。

 
 

ネタ記事の書き方

 
ご自身がついクリックしてしまったネタはありましたか?

いくつか見つかったら

早速それを参考にネタ記事を書いていきましょう。

 

 

では、ネタ記事の書き方について

例を挙げて考えていきます。

 

 

<例①:『怖くて猫の前を通れない可愛いワンちゃんまとめ』というネタに惹かれた場合>

 
こちらは上でも紹介している「ポケッチ」というサイトの記事です。

http://pocketti.me/?p=236

 

私自身が、こういうネタ好きです。

つい見てしまいます。

興味のある方は是非観てみてください。

猫を怖がる犬たちがめちゃめちゃ可愛いです!

 

ネタ記事を作るには

例えばこれをそのまま

こんな動画見つけました!という体で作るのもいいでしょう。

Youtubeはブログなどで共有してOKですので

(むしろ共有してほしいと思っている)

遠慮なく使いましょう。

 

そのまま使うのも気が引ける、

と言う方は

Youtubeで「動物 可愛い」などで検索してみてください。

➡検索した結果がこちら

 

ハムスターの面白動画やら

犬が人間の子守をする動画やら

動物の赤ちゃん動画やら

色んな動画がたくさん出てきますね。

 

犬が子守をする動画なんかは他にも沢山ありますので

『ワンちゃんが人間の赤ちゃんの子守りで奮闘する可愛すぎる動画集』

などのタイトルで

動画を集めてアップするのもいいと思います。

 

タイトル付けは

キーワード選定は全く考慮しなくてOKです。

ただ1点、クリックしたくなるかどうかにだけ

注力してください。

 

このタイトルの付け方は本当に重要です。

これがクリックするか否かを決定します。

 

参考になるのは特に2ch。

「〇〇〇〇すぎワロタ」や

「〇〇〇〇やったった」など

数多くの定番タイトルが生まれているのも2chからです。

要はそれだけ魅力的だということです。

非常に参考になりますので

定期的に見ておくのがおすすめです。

 
 

動画や画像を集める系は他にも

・芸能人のすっぴん

・美しすぎる議員シリーズ

・この世のものとは思えない世界の絶景10選

・感動のサプライズプロポーズ動画集

・イチローのスーパー美技に外人解説者が興奮しすぎ動画

などなど

アイデア次第でいくつも考えらえますね。

とても作りやすい分野だと思いますので

是非トライしてみてください。

 

 

 

<例②:『幸せになりなさい。病死した先生が生徒に向けて残した最後の宿題。』のネタに惹かれた場合>

http://dout.jp/1228

これは泣けます。

写真一枚で泣けるってなかなかないですよね。

 

こういう感動ものも

ついクリックしたくなる記事のひとつです。

 

こちらも

このネタをそのまま使ってもOKですし

(出典はきちんと表記してください。)

 

「2ch 感動 病気」

などで検索し、これは!と思うネタを紹介する記事もいいかもしれません。

 
タイトルは

『涙腺崩壊。今すぐ泣きたいあたなへ贈る「天国の妻からの手紙」』

例えばこんな感じで。

 

タイトルが決まったら次は本文です。

 

「単にこのネタを紹介する」という形で書くのもひとつ。

「失恋で立ち直れずに、とにかく泣きたくてしょうがないときに見つけたこの話。」

という形で自分のストーリーから繋げるものひとつ。

「森高千里が老けなさ過ぎて化け物だと思うんだけど、他にも化け物がいた」

という形で美魔女画像につなげるのもひとつ。

 

 

上に本文例を挙げましたが

このあたりは実はそんなに悩まないのではないかと思います。

というのも、

ネタ探しで実際に自分がついクリックしてしまった記事を使っているので

そこには何かしら貴方の心が動いているはず。

素直にそれを書けばいいだけです。

 

 

 

配置方法

 
ネタ記事が書けたら

早速ブログに配置しましょう。

 

 

ネタ記事は

目的の記事を読み終わったあとに

ふと目に入ることが理想です。

 

ただ、

「関連記事」の邪魔はしないようにしないといけません。

目的記事に興味があって訪れた読者がクリックする可能性が高いのが

関連記事です。

 

こういったことから

ネタ記事のおすすめ配置場所は

サイドバーの一番下。

一番下に広告がある場合は

その上です。

 

「関連記事」は

記事下に表示することが多いと思いますので

その場合は

さらにその下にネタ記事を配置しておくのもいいでしょう。

 

 

では、配置のやり方です。

 

ネタ記事が5~10記事ほどできましたら

それらのカテゴリを全て同じにしておきます。

「おもしろネタ」や

「感動ネタ」など。

 

特定のカテゴリに属する記事のみをサイドバーに表示させるプラグインを使って

該当する記事をサイドバーに表示していきますので

ネタ記事とそれ以外の記事のカテゴリをごちゃごちゃにしないようにしてください。

 

ここまで準備ができましたら

Random Posts Widget Extended

というプラグインで設定していきましょう。

Random Posts Widget Extendedプラグインの使い方記事へ

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ