【サーチコンソールの使い方】投稿した記事を数分で検索エンジンにインデックスさせる


FetchasGoogleサーチコンソールインデックスやり方

 
新しい記事を投稿したら

サーチコンソールで即インデックス!

 

Googleなどの検索エンジンにヒットさせるために必須の

記事の存在を検索エンジン側に登録してもらうことを

インデックスと言いますが、

 

以前は

新ブログを立ち上げたら

インデックスされるまでに1~2週間かかることは当たり前で

トレンドブログを運営する場合は

最初の30記事程度は全て1ヶ月以上先の未来予測記事を書く

といのが鉄則でした。

 

しかし

サーチコンソール(当時はウェブマスターツール)の

”Fetch as google”

というツールが出たことで

この大原則が大きく変わりました。

 

新ブログでも数分でインデックスされることが

可能になったのです。

 

では

そのやり方をご紹介します。

 

①記事を公開する

②Fetch as googleでクロール依頼する

 

今後はこれをルーチンで行うことになりますので

しっかり使えるようになりましょう。

 

 

サーチコンソールで即インデックスさせるFetch as google

 
サーチコンソールで即インデックスさせるためには

Fetch as google

というツールを使います。

 

やり方は簡単。

 

まずはサーチコンソールにログインしてください。

サーチコンソールにログインする

 

『クロール』➡『Fetch as google』をクリックします。

サーチコンソール登録10

 

空欄にインデックスしたいページのURLを入力します。

この時、http://www.〇〇〇.com/などのメインの部分は不要ですので

注意してくださいね。

サーチコンソール登録11

『取得』ボタンを押します。

(画像では『取得ボタン』はURL欄の下にありますが、右にある場合もあります。)

 

『インデックスに送信』をクリックします。

サーチコンソール登録12

 

『このURLのみをクロールする』にチェックを入れ

『送信』をクリックします。

サーチコンソール登録13

 

ちょっと説明しておきますと、

『このURLのみをクロールする』というのは

あるページのみをインデックスさせたい時に使うもので

月500回まで使えます。

 

『このURLと直接リンクをクロールする』というのは

あるページと、そのページからリンクのあるページを全て

インデックスさせる、というものです。

 
例えば、まだインデックスされていないページが沢山あって

一気にクロール依頼をかけたい場合、

『このURLと直接リンクをクロールする』にチェックを入れ

URLには何も入力せずに送信します。

 
すると

トップページからリンクのあるすべてのページをインデックスしてくれますので

効率的ですね。

 
ただしこちらの方が利用てきる回数は少なくて

月10件です。

 

ですので

ルーチン作業としては

『このURLのみをクロールする』を利用してください。

月500回までなので

遠慮することなくバンバン使ってくださいね。

 

 

『送信』ボタンを押した後

このようにステータスが『完了』になっていれば成功です。

サーチコンソール登録14

早ければ数秒で

遅くても数十分以内には

インデックスされるでしょう。

 

 

尚、ステータス部分が『完了』ではない場合は

まだインデックス送信できていません。
 

『エラーが発生しました。』や

『一時的にアクセスできません』

というメッセージが出る場合は

時間をおいて再度送信してみてください。

 

また

URLの入力が正しくない場合もよくあります。

スラッシュ「/」が不要なところに入っていたり

URLのメインの部分も入ってしまっていたり。

 

よくよく確認されてくださいね。

 

 

それでもインデックスされない場合に確認すること

 
Fetch as googleを送信しているのに

1時間経ってもインデックスされない・・・。

それどころか、

1日経っても2日経っても

一向にインデックスされない、

という場合があります。

 

こういうときの私の経験談を書いてみたいと思います。

➡新ブログFetch as googleしてるのに1週間インデックスされない時にやったこと

 

 


コメントを残す

サブコンテンツ

プライバシーポリシー

クレジットカード盗難

このページの先頭へ